ブリアンは妊娠中や高齢者でも安心!できないからこそ使いたい

ブリアンと大人

 

ブリアンには大人用はありませんが、もちろん大人が使っても効果はあります。

 

虫歯予防をしたい人以外にも

  • ・成分が気になる
  • ・スッとするミント系が苦手
  • ・子供に歯磨きのお手本が見せたい

 

‥など。

 

こんな人にもオススメしますが、それ以上に使ってほしいのが
「歯磨きができない人」「虫歯治療が難しい人」

 

これからママになるプレママさんは特に生まれる前にしっかり口内環境を
おきたいものです。

 

赤ちゃんでも使用できるので、妊娠中でも高齢者でも安心です。

 

公式サイトへは以下の画像をクリック!

 

 

なぜプレママにオススメなのか?

 

ブリアンと妊娠中

 

妊娠中に体のことを気遣う人は多いですが、お口のことは?というと忘れがちです。

 

でも、妊娠中はホルモンバランスによって口内環境も乱れてしまうので、
歯周病や虫歯になりやすくなってしまいます。

 

歯周病って日本人の多くがなるものだし、あまり気にしていないと言う人もいるかも
しれませんが、血流が悪くなったり子宮が収縮して早産や低体重児になるリスクが
高まる
のです。

 

 

またそれだけでなく、妊娠中に悩まされるのが「悪阻」

 

気持ちが悪くなってしまうから歯磨きさえもできない人がいますが、歯磨きができないと
当然虫歯になりやすくなります。

 

そして食べ悪阻の人も要注意!

 

お腹がすくと気持ちが悪くなるからたくさん食べてしまいますが、食べる時間が多いと
脱灰の時間ばかりで再石灰化ができなくなってしまい、虫歯になってしまうのです。

 

普通の過食とは違い、妊娠中は食べることをやめるのは難しいかもしれませんが、
ガマンできるならガムにしてみたり、食べるものや食べ方を少し工夫して再石灰化が
できるように考えていきましょう。

 

>>ブリアンが効果なしになってしまうかも・・・

 

妊娠中は歯医者に通うのも大変ですが、放置するのはよくありません。

 

虫歯も歯周病も妊娠中に治療を終わらせておくことが一番なのですが、
それ以上に大切なのが予防です。

 

予防さえしっかりしておけば、虫歯になる心配もないですからね。

 

どうしても治療が必要なら妊娠5ヶ月~8ヶ月の中期に治療をすることと、
赤ちゃんへの影響が心配ならブリアンでしっかりケアをしていきましょう。

 

歯の生え始めた赤ちゃんにも使えるほど優しいのでプレママにも安心です。

 

 

お口の中のケアが大切な高齢者にもオススメ!

 

ブリアンと高齢者

 

虫歯や歯周病はいろいろな病気と関連があると言われています。

 

そのため、適切な治療を行うことが大切なのですが、高齢者も小さなお子さんや妊婦と同じように
歯医者に行くことが難しい人も多いです。

 

特に最近ではテレビなどでも肺炎に注意するように呼びかけられていますが、肺炎で死亡する
90%以上が75歳以上で、その中でも多いのが誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)と言われています。

 

この誤嚥性肺炎は死亡率が高いのですが「誤嚥」は予防ができなくても誤嚥したときに
肺に細菌などが入り込むことを予防することはできます。

 

 

その予防方法が口内環境を良くすること!

  • 自分ではしっかり歯をみがけない
  • ゆすぐことも難しい

 

そんな人にはブリアンがオススメなのです。

 

虫歯菌除去だけでなく、
悪玉菌と善玉菌のバランスが良くなることで細菌が悪さをしなくなり(虫歯予防)、
お口の中が健康になることで肺炎や病気のリスクを減らせます。

 

 

まとめ

妊娠中や高齢者など、ブリアンを大人が使うことで、今いる小さなお子さんだけでなく、
これから生まれてくるお子さんへの影響も変わってきます。

 

家族が口内環境を良くすることで、赤ちゃんとも安心して触れ合うことができるし、
歯医者に行くことが難しかったり、行きたくないと言う人でも虫歯予防ができます。

 

虫歯になってからツライ思いをしたり、赤ちゃんに対して不安に感じることがないように、
『簡単&安心ケア』をしていきましょう。

 

 

ブリアンと大人