虫歯ができない人の真似してブリアンの効果アップ!

ブリアンと歯磨き

 

頑張って歯磨きをしていても100%虫歯を防げるわけではありません。

 

でも、正しい歯磨きをするだけでも虫歯になる確率は下げることができます。

 

歯医者さんに検診に行くときに、正しい磨き方を教えてもらえますが、
虫歯にならない人や歯医者さんはちょっとした方法でケアしています。

 

ブリアンで虫歯にならないようにケアをしようと思うなら、虫歯にならない歯磨きを
心がけましょう。

 

ブリアンで虫歯菌がなくなった!その感想は公式サイトから。

→格安で買えるサイトはここだけ(返金保証あり)

 

虫歯ができにくい歯磨きは食後すぐじゃない!?

 

食後 歯磨き

 

よく言われるのが「歯磨きは食後の習慣」

 

たしかに食後歯磨きをすることは大切ですが、タイミングがとても大切なのです。

 

虫歯菌の出した酸によって歯が溶けて虫歯になってしまいますが、唾液はその酸を
中和する働きがあります。

 

しかし、唾液の中和する働きには個人差があるので、歯磨きのタイミングも変わります。

  • 中和することができる人は食後30分後
  • 唾液が少ない人は食後すぐ

 

唾液の量は歯科で唾液検査をしてもらえばわかりますが、唾液を増やすことによって
インフルエンザなどの感染予防もできるので、唾液を増やす生活習慣を心がけましょう。

 

 

■唾液を増やす方法

  • 食べものをしっかり噛む
  • ガムを噛む
  • 飴をなめる
  • 酸っぱいものを食べる
  • 水分をこまめにとる
  • 唾液を増やすマッサージをする

 

キシリトールのガムやタブレットは唾液をだすだけでなく、虫歯ケアにも効果的です。

 

赤ちゃんでもよだれは大切な役割があり、よだれが臭い・少ないと水分不足などの
バロメーターにもなります。

 

歯が生えてきたばかりの時は唾液で虫歯予防ができますので、よだれが少ないときは
水分をこまめに摂るようにすると良いでしょう。

 

 

 

日本人は磨く時間が短い?時間よりも○○

 

ブリアンの効果

 

ブリアンの使い方で「2~3分くらいは磨く」となっていますが、この「磨く」というのがポイント。

 

口の中に歯ブラシを突っ込んでいるだけだったり、長いだけではNG!

 

いわゆる量より質というやつですね。

 

早くてもしっかり磨けていれば問題はありませんが、基本は「15分」と言われています。

 

大人や子供の口の大きさも違うし、15分?長すぎない??と思うかもしれませんが、
きちんとゆっくり順番に磨いていき、デンタルフロスなどを使うとこのくらいの時間がかかると
考えてください。

 

また長かったり、強かったりするとエナメル質が削れてしまったり、歯ぐきが痛くなることも
あるので、長いから良いと言うわけではないのです。

 

なので、お子さんの場合は全部で15分。

 

『絵本や音楽に合わせて3分以上磨く+デンタルフロスや仕上げ磨き=15分』

 

磨けているかどうかは、染め出し剤を購入してチェックするとわかりやすいので、
定期的に確認するのも良いでしょう。

 

 

まとめ

 

ブリアンの使い方にも「2~3分」と書いてあるので、まずは子どもに自由に磨かせて
口内に虫歯除去菌をとどまらせるようにしましょう。

 

また、唾液を味方につけることも大切!

 

赤ちゃんだけではなく、大人でも虫歯になりやすかったり口臭が気になる人は唾液を増やし、
口内環境を良くしていくようにしてください。

 

ブリアンの効果を過信しすぎて「これさえしていれば大丈夫」と思うのはよくありません。

 

まずは正しい歯磨きの時間とタイミングで、効率良く虫歯予防をしていきましょう。

 

⇒注意!大人の虫歯と乳歯の虫歯は同じではありません